ディフェンスに自信がもてるまで練習する9

simikomaseruとくに打っている側の反対側のガードを意識することが大事。

無意識にできるまで身体に覚え込ませる。

自分がパンチを打ったとき、相手がどう動くか、自分が打ってかわされたときには、必ず相手が反撃してくるので、その時にどうディフェンスするか、常に意識してシャドーを行うことが大切。

こちらはかわして、一発もパンチをもらわないようにしようとする。

相手も同じ事を考えている。

だから実際は、皆、パンチが当たるわけではなく、当たるパンチ、かわされるパンチがある。

かわされたとき、どうするか、イメージしてシャドーを行う。皆、打つことしかイメージしないので、ガードが弱い。

だから攻防のボクシングができない。がむしゃらにただ打つだけになる。それはボクシングではない。

パンチが当たったときは、どのように繋げて行くか、どちらも想定しておく。

とくにかわされたときは、必ず相手が攻撃してくるものや、と思って間違いない。

バランスを崩したところ、ガードが下がってくるところをねらってくる。

ポジショニングを変えるか、かわすか、サイドを取ってピボットするか考えたときに、きっちりかわせることが大事になってくる。

shikouそれらを常に練習でイメージしてシャドーを行う。

きっちりかわしておけば、その次に繋げることができる。

相手のパンチは、動きながら見てかわす。

絶対に止まって見ない。

動きのなかでかわすことができるように練習しておく。

ガードを常にきっちりしておけば、カウンターが当たらないので、相手の打つ気をそぐことができる。

自分のパンチを打ったとき、左を打てば右の、右を打てば左の、というように反対側のガードを下げない。

ガードを上げるということは、肩を上げるのではない。

肩の力を抜いて、ナックル()を上げる意識を持つことが大事。

nackle肩に力が入ってガードが上がってしまうと、自分がうつパンチが死ぬ。力んでしまうから、脱力した状態からパンチが打てなくなってしまう。

大きなパンチ(スイング)を打ってくるとき、左にサイドステップしてからピボットする。そのままピボットしたら、引っかけられる可能性がある時、そうすれば大きなスイングも安全にかわすことができる。

きっちりガードができると、打たれ疲れがなくなる。

疲れない分、スタミナが保てる。

スタミナがあるから、自分のリズムで攻防、ボクシングをすることができる。

ディフェンスに自信をもてると、相手のパンチが怖くなくなる。

いずれのディフェンスも大切。

どんな時でもガードをきっちりしておくことが、攻めさせない最高のディフェンスである。

練習で毎日行っていることは、以上である。

もう出来ていることではあるが、それを意識して練習すること。

一つ一つの練習を何のためにしているのか、意識して練習することが大切である。

IMG_5867「ボクシングを道にするためには、練習を、科学であり哲学であり、また心の修養となすことが大切である。」

今日練習で教わった向井コーチからの金言である。

金言として、しっかりと心と頭のなかに入れて、明日からの練習を励みたい。本日のご指導、有り難うございました。

合掌