患者様の病態分析

臨床報告とは

臨床報告とは、一つ一つの病態をどのように分析し、診断を下し、そのもとに、どのような治療を施し、その経過を示し、どのような結果になったかという報告です。

様々な分野の臨床報告を残すことによって、後世の臨床家の手引き・参考としてほしいと願っています。

治療家であれば、どのように治療して良いかという悩みは、誰しも同じようなところに行きつきます。難しい疾患になる程、どうしたらよいのか分からないことも多く、悩みも多くなります。鍼灸が医学として発展するためには、臨床家や、これから臨床を目指す鍼灸師が、このような壁に当たった時、本当に参考になる手引きがほしいと思うのは誰しもです。

私は中医学弁証を学び、中国の大学院で学んでいる勉強を学ぶ機会を得ました。中国の臨床例の多さは、日本と比べるととてつもなく多くあり、その臨床例が私の成長に大きく繋がりました。残念ながら日本には、参考となる臨床報告がほとんどなされていないのが現状です。

患者様の協力を得て臨床報告をあげていきますので、後世の臨床家たちの参考となれば幸いです。

[首・肩のこり、腰痛] 45歳 男性 H.K

上腕痛みの症例
H.K 男性 45歳

主訴

上腕の痛み
首・肩、特に右肩が重く回しづらい

随伴症状

首・肩のこり、腰痛

現病歴

katakori_woman首・肩がよくこります。特に右肩が上腕から腕の付け根まで痛く、重だるく回しづらいです。そんな状態が続き、手を上に上げるのも少し苦痛です。疲労感があり、疲れがとれません。マッサージに行きますが、その時だけで、すぐまた同じ痛さに戻ります。この肩の重み、痛みを根本的に治したいと考え、ネットで当院を調べ、来院いたしました。

現象

〇右三角筋の付着部、及び三角筋の内側側副線維の短縮、萎縮を認める
〇上肢帯筋の短縮
〇菱形筋の筋緊張がとても強度
〇僧帽筋の筋緊張著明
〇頸部筋群(斜角筋群、板状筋、脊柱起立筋、胸鎖乳突筋)の筋緊張著明
〇背中、及び首の筋肉の筋緊張著明

方解

背中及び首・肩の筋肉がガチガチにこっている。右の肩の三角筋、及び上肢帯筋の筋緊張著明である。首の筋肉もこりすぎて、疲労感が抜けない。またくり返し凝って、筋肉の緊張が積もり積もったもの。そのため、疲労感を感じている。

治療方針

illust4238本人も気づいていないが、本人が気づいている以上に首・肩、上肢帯、背中の筋肉が緊張している。これは疲労が積み重なった物で、浅層から中層、そして深層の筋肉まで緊張が広がったもので、マッサージに行っても直ぐに元に戻るのは、その深い緊張のためである。疲労感もここから来ている。浅層から深層の筋肉まで、丁寧にほぐしていく。完全な回復には6回くらいの治療回数が必要である。

治療の経過

bensyou1回の治療で痛みを自覚することがなくなり、6回の治療で症状がとれた。
6回の治療を重ねたのは、以後激しい仕事に耐えれる身体を作っていくために、腰を含め全身の根本治療を施したからである。
疲労が溜まっており、全体の機能の失調から一番弱い腰に症状がでたと考えられる。
手が負傷すると言うことは、背中や肩や首にも力が入っており、当然腰にも負担が来ている。それらの筋の緊張を取り除くことで、疲労が回復し、全身の血流もよくなり、健康な身体に近づけていける。
今後は、激しい痛みになる前に、ご相談いただき、安定したコンディションを継続していきたい。